Quality

妥協を許さない安心の永住品質。STRUTURE

強固な基礎構造

万一の地震の際にも住まいの安全を守る強い建物をつくる基本は、建物を支える揺るぎない基礎構造を構築することです。「フィネス東札幌アベニュー」は、強固な地盤・支持層の上にしっかりとした直接基礎を築いています。

画像
コンクリートと鉄の長所を活かした
「押し」にも「引き」にも強い構造

圧縮に強いコンクリートと、引っ張りに強い鉄筋が相互に補強し合って、強度・防火・耐久性を高めたのがRC構造の最大の特徴。マンション建築に最適な構造で、高い耐震性をめざします。

コンクリートの耐久性を高める
水・セメント比

コンクリートの強度を上げるには、セメントの量を増やす方法がありますが、それだけでは施工上問題が生じます。 そこで、施工性を維持しつつコンクリートの収縮を抑え、ひび割れを起こしにくくするためには、セメントの量に対して水の割合を少なくすることが大切です。 「フィネス東札幌アベニュー」では、主要構造部の水・セメント比を50%以下に設定、さらに耐久性を高めています。コンクリートの強さは圧縮強度(1㎟当たり何ニュートンの重量に耐えられるか)で測定しますが、「フィネス東札幌アベニュー」のコンクリートの圧縮強度は最大約27〜33N/㎟。地震などの「押しつぶす力」に強さを発揮します。

高い遮音性と断熱性の戸境壁

隣戸からの生活音を軽減するなど、高い遮音性と断熱性でプライバシーに配慮しています。

画像
画像

160mmの壁厚で、厚さ500mmのコンクリート壁に匹敵する遮音性能

耐震玄関ドア枠

各住戸の玄関ドアには、地震等によりドア枠が歪んでも枠に扉が接触するのを防いでドアの開閉を可能にし、避難経路を確保する耐震ドア枠を採用。また、断熱積層構造の断熱ドアとし、住戸の断熱性能も強化しました。

静かな室内へ
⊿LL(I)-4等級のフローリング

リビング・ダイニングのフローリングは、スリッパの音やスプーンを落とした音などの軽量床衝撃音の伝わりを軽減する遮音性能に優れた⊿LL(I)-4等級を採用しました。

壁には、さらに耐久性を高めるダブル配筋

鉄筋を格子状または箱状に組む際、主となる部分にさらに鉄筋を二重に組む「ダブル配筋構造」を適所に駆使。シングル配筋より耐久性が高く、地震や強い衝撃、揺れに対してもすぐれた強度と剛性を発揮します。

画像
床厚は最大約255mmを確保

断熱性能を高めるとともに上下階の生活音を極力排除して静かな住環境を創造するため、床スラブに遮音性の高いフローリング等を加え、床厚は最大約255mmを確保。構造体としての強さと同時に、優れた断熱性と遮音性を発揮します。特に、床スラブ厚によって左右される重量衝撃音(お子様が飛び跳ねたときなどの衝撃音)を階下住戸に伝えにくい構造としました。

画像
高度な耐震性を発揮するために

柱フープ(帯筋)には溶接閉鎖筋を採用。フープのつなぎ目をあらかじめ溶接することで、主筋を束ねる力とコンクリートを結束する能力が向上。一般的な工法では得られない、地震に強い構造体を実現しました。

画像
ホルムアルデヒド対策を考えた
マンション環境を実現

目やのどの痛み、アトピー性皮膚炎の原因と考えられているホルムアルデヒドの低減に努めています。キッチン、洗面化粧台、フローリング等で用いる木質建材に、ホルムアルデヒド放散量が極めて少ないものを使用。また、壁・天井クロスにはゼロホルマリン接着剤を採用しています。

快適空間を実現する壁構造

外壁は、コンクリート壁に断熱材とプラスターボードを施した多重構造の外壁とし、北海道の厳しく長い冬にも耐えうる断熱性能を発揮し、遮音性にもすぐれています。

画像
24時間熱交換型セントラル換気システム

24時間・365日、健康的でクリーンな空気環境を作るセントラル換気システムを採用。窓などの結露を防ぎ、その上熱交換器により暖房ロスも最小限に抑えるので経済的です。

画像
ステンレス鋼管(共用部)
ヘッダー方式(専有部)

共用部分の給水管はステンレス鋼管、専有の給水管は安定した水圧で清潔な水を供給できるヘッダー方式を採用しました。

画像
直結加圧給水方式

受水槽の貯水では、独特のにおいや生ぬるさが起きてしまいます。当物件では直結加圧ポンプを利用し、フレッシュな水をお届けできる直結加圧給水方式を採用しました。

画像