FINESSE QUALITY

クリーンリバーフィネス札幌ミッドステージは
「低炭素建築物認定」マンションです

低炭素建築物とは、CO2の排出量を極力抑える措置や仕様を採用している建物のことです。フィネス札幌ミッドステージはエコまち法で定められた認定基準を満たし、断熱性や省エネ性に優れているため、「光熱費の削減を図れる」「税金や金利の優遇措置を受けられる」という大きなメリットがあります。

  • 「夏涼しく、冬あたたかな住まい」のために、快適性能と省エネ性能を高めました。
  • 暮らすことがECOになり、CO2削減への貢献につながります。
  • 「低炭素建築物新築等計画認定通知書」が354邸それぞれに交付されます。
NEDOデータより引用、集合住宅(80平米)における標準一次エネルギー消費量イメージ

高い断熱性能

画像

高断熱仕様

外壁をはじめ、熱が伝わりやすい屋上スラブ下や最下層スラブ下にも十分な厚さの断熱材を採用。外気温の影響を受けにくい快適な住空間で低炭素化に貢献します。

画像

Low-E複層ガラス

全住戸の内窓に、Low-E複層ガラスを採用。2枚のガラスの間の空気層とLow-E膜が暖房効果を高め、室内温度を快適に保ちます。

  • 室内環境の状況によっては、結露の発生する場合があります。

高効率の給湯設備

画像

省エネ型給湯暖房機
「エコジョーズ」

エコジョーズは住まいの給湯・暖房を1台でまかなう、天然ガスを使った省エネ型ボイラーです。排熱を再利用する「潜熱回収方式」により、少ないエネルギー量で効率よくバスやキッチンのお湯を沸かし、各室を暖めます。

【 高効率 】排熱の再利用により、給湯の熱効率が95%に向上。
【 節約 】使うガス量が少なくなるのでガス料金も低減。
【エコロジー】熱効率アップによりCO2排出量も削減。

ボイラー概念図

画像

省エネ型ガス床暖房・
給湯システム「Fact」

FactFactは省エネ型ボイラー「エコジョーズ」を使って住まい全体の床暖房・暖房・給湯をまかなう、天然ガスセントラルヒーティングシステムです。潜熱回収方式で省エネ・省コストに優れ、心地よい暖かさを支えます。

画像

サーモバスS

発泡ポリスチレン断熱材でぐるっと包んだ「保温浴槽」と「保温組フタ」のダブル保温構造により、お湯が冷めにくく、4時間後でも温度は2.5℃以内までしか下がりません。家族の入浴時間がバラバラでも、しっかり省エネできます。

画像

【試算条件】●周辺環境:10℃±2℃●測定浴槽:サーモバスS(保温組フタ・浴槽保温付)、従来浴槽(巻フタ・浴槽保温なし)●測定箇所:浴槽の深さの約70%の湯量で、湯面から100mm、底面から100mmおよびその中間の3ヶ所の平均値。※温度変化はJIS高断熱浴槽基準の設定条件で測定した試験値であり、保証値ではありません。注意:給湯器が追いだき配管の凍結を防ぐため、浴槽のお湯を循環した場合は、表示値よりも湯温が低下します。

高効率の換気

24時間熱交換型セントラル換気システム

24時間365日、健康的でクリーンな空気環境を作る換気システム。熱交換器により、室内の暖気や冷気のうち約6~8割の熱エネルギーを回収して再利用しながら換気します。冷暖房ロスを最小限に抑えられるので経済的です。

画像

高効率の照明

LEDダウンライト

住戸内のダウンライトはすべてLED(発光ダイオード)を採用。省エネルギーで長寿命、CO2排出量が少なく、水銀も含まないため、環境にやさしい照明です。※ユニットバスの照明は除く

  • それぞれの照明を1日10時間使用した場合の想定です。
  • 上記使用寿命は定格寿命であり、製品の寿命を保証するものではありません。

節水対策

キッチン・洗面台にエコ水栓

よく使うハンドル正面の位置で「水」を出し、温水に切り替わる時はカチッと音がするので、お湯を無意識に使ってしまう心配がありません。水とエネルギーの消費を小まめに抑え、光熱費も節約できます。

エコフルシャワー

シャワーヘッドに内蔵した羽根車の高速回転により、少ない水量でも勢いのあるシャワーを可能にしました。従来の水量より最大48%の節水・省エネ効果を実現します。

ウォシュレット一体型超節水トイレ

画像

24時間365日、健康的でクリーンな空気環境を作る換気システム。熱交換器により、室内の暖気や冷気のうち約6~8割の熱エネルギーを回収して再利用しながら換気します。冷暖房ロスを最小限に抑えられるので経済的です。

建物の低炭素化

低炭素建築物認定マンションの経済的なメリット

「低炭素建築物認定」マンションは、税制優遇措置の適用を受けられます。
月々の光熱費低減を期待できるだけではなく、税金や融資面の優遇措置を受けることが可能。経済的にも大きなメリットです。

メリット
1

住宅ローン減税の枠が
拡大されます。

住宅ローン借入の場合、一般住宅購入とくらべて所得税の控除額が大きくなり、最大500万円の控除が受けられます。

メリット
2

フラット35において優遇金利が適用されます。

住宅ローン【フラット35】において、一定期間、借入金利を引き下げる【フラット35】S(金利Aプラン/当初10年間0.3%引下げ)の適用を受けることが可能です。

  • 【フラット35】Sとは、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得する場合に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。これには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった時点で受付は終了となります。
  • 制度拡充による上記引き下げ金利は平成31年3月31日申込分までの適用となります。この制度拡充には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は終了日を前倒しすることとなります。
メリット
3

自己資金のみで購入の場合は所得税が控除されます。

自己資金だけで取得すると住宅ローン減税は適用されませんが、低炭素建築物認定マンションの場合は「投資型減税」の対象となり、所得税額が控除されます。

高耐久マンション

長持ちさせる対策を構造部分に施し、住宅性能評価制度の劣化対策等級3(最高ランク)に適合。長寿命化することで、改修工事や解体時にかかる環境負荷の低減にも寄与します。

※掲載の写真はモデルルーム(サウス E・Fタイプ)を撮影したもので、家具・調度品・オプション等は販売価格には含まれませんので予めご了承ください。