二酸化炭素排出量を
極力抑える取り組みが
認められたマンションです。

低炭素建築物とは、
都市の二酸化炭素排出量を極力抑えるために施行された
「都市の低炭素化の促進に関する法律(通称:エコまち法)」
のなかで定められた認定基準を満たす建築物のことです。

フィネスシリーズは一般的な住宅と比べ、一次エネルギー消費量(※)を10%以上低く抑えた建物であることと、高断熱性能設計、効率的給湯設備、省エネ照明の採用など、環境にやさしい取り組みをしている「低炭素建築物認定マンション」です。

※一次エネルギー消費量…
化石・原子力・水力・太陽光など自然から得られるエネルギー消費量のこと、一次エネルギーを変換・加工して得られる灯油・ガス・電気を二次エネルギーという。二次エネルギーの計量単位はそれぞれ異なる為、それを一次エネルギー消費量に換算して建築物の総エネルギー消費量を求めるようにしたもの。

快適性と省エネ性能を高めた
フィネスクオリティ

Factを採用

Factとはマンションで暖房と給湯がボイラー1台でまかなえる天然ガスセントラルヒーティングシステムです。

■Factの特徴

省エネ
排熱を再利用できる潜熱回収型高効率のボイラーで、高い省エネ性を発揮し、その分CO2排出量を低減。
省コスト
家庭用セントラルヒーティング契約料金「ゆ~ぬっく24ネオ」で、給湯、暖房、厨房のガスがみんなおトク。
安心
5年間の無償保証付きだから安心。メンテナンスは365日無休で対応します。

■おトクな料金プランとエコジョーズの相乗効果で経済的。

■標準的な集合住宅の年間ガス料金

≪試算条件≫
●集合住宅所要エネルギー(北海道ガス(株)標準モデル)
照明・動力負荷:2,800kWh/年、給湯負荷:4,300kWh/年、暖房負荷:5,500kWh/年、厨房負荷:520kWh/年(厨房はいずれもガスコンロ)
※従来型ガス給湯暖房機の熱効率:給湯熱効率83.9%、暖房熱効率80.4%。エコジョーズの熱効率:給湯熱効率95%、暖房熱効率89%。
●ガス料金(北海道ガス(株)ゆ~ぬっく24ネオ 2015年9月現在の基準単位料金及び消費税率で試算)
※設備費用・工事費用・保守費用は含まれておりません。
※北海道ガス(株)試算による一例であり、給湯・暖房の使用状況等により異なります。

■高断熱仕様概念図

高断熱な仕様

充分な厚さの断熱材を使い、外気温の影響を受けにくい快適な住空間を提供しています。

Low-E複層ガラスを採用

暖かい太陽光を取り込む一方、冬は室内の暖房熱を逃がさず、外部の騒音をやわらげたり、結露防止にも役立つLow-E複層ガラスを採用しています。

保温性能の良い浴槽・組フタ

保温浴槽と保温組フタのダブル効果で、あたたかい湯温を長時間キープします。

■保温浴槽・保温組フタイメージ図

※LIXIL「サーモバスS」のイメージを使用しております。

節水型便器

1回の洗浄が少ない水量でもしっかり洗い流すことができる節水型便器を採用しております。

※LIXILの節水型便器の場合の試算になります。

節水型水栓

キッチン及び洗面化粧台では無意識に節湯できるエコ水栓を採用しております。

■きれいな水を提供する浄水器一体型シャワーエコ水栓(キッチン)

■洗面化粧台のエコ水栓

LEDダウンライト及び人感センサー付ダウンライト(玄関ホール)

■LEDダウンライト

住戸内専有部のダウンライトは省エネで長寿命なLED照明を採用しています。また、玄関ホール近くには人感センサー付ダウンライトを設置しています。

■LED・白熱電球・長寿命蛍光灯 使用寿命比較

24時間熱交換型換気設備

熱交換器により、換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)しながら換気します。約6~8割の熱エネルギーを回収でき、夏季・冬季の冷暖房負荷を低減し、省エネ換気が可能です。

低炭素建築物のメリット

メリット1
住宅ローン減税の枠が
拡大されます。

メリット2
フラット35において
優遇金利が適用されます。

メリット3
自己資金のみで購入する場合は
所得税が控除されます。