Quality

Life Quality

永住仕様の品質を誇る、優れた環境性と経済性。

クリーンリバーフィネス菊水リヴェールは
「低炭素建築物認定」マンションです

  • 「夏涼しく、冬あたたかな住まい」のために、快適性能と省エネ性能を高めました。
  • 暮らすことがECOになり、CO2削減への貢献につながります。
  • 「低炭素建築物新築等計画認定通知書」が42邸それぞれに交付されます。
低炭素建築物とは

二酸化炭素の排出の抑制に寄与する建築物で、省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が10%以上低く抑えられ、その他の低炭素化に貢献する措置や仕様を採用している建築物のことです。

国土交通省の「低炭素建築物認定制度」に定められた、高い認定基準に適合。

高い断熱性能
高断熱仕様

外壁をはじめ、熱が伝わりやすい屋上スラブ下や最下層スラブ下にも十分な厚さの断熱材を採用。外気温の影響を受けにくい快適な住空間で低炭素化に貢献します。

画像
Low-E複層ガラス

画像全住戸の内窓に、Low-E複層ガラスを採用。2枚のガラスの間の空気層とLow-E膜が暖房効果を高め、室内温度を快適に保ちます。

※室内環境の状況によっては、結露の発生する場合があります。

高効率の給湯設備
高効率ガス給湯・床暖房[Fact]
画像

天然ガスセントラルヒーティングシステム[Fact]は、ボイラーの高効率化(潜熱回収方式)により、省エネ・省コストを実現。

  • 全戸リビングルームに床暖房を標準装備。
  • 給湯・暖房・厨房のすべてにおトクなガス料金が適用され、月々のコストも経済的。
  • 5年間無償保証制度付で、6年目以降も安価な保守費で365日安心。

※北ガスのガスをご利用の場合

サーモバスS

浴槽を発泡ポリスチレン断熱材でぐるっと断熱。浴槽保温材と保温組フタの“ダブル保温”構造で、光熱費もお得な「省エネ」浴槽です。

画像
高効率の照明
LEDダウンライト

画像住戸内のダウンライトはすべてLED(発光ダイオード)を採用。省エネルギーで長寿命、CO2排出量が少なく、水銀も含まないため、環境にやさしい照明です。

※浴室の照明は除く

節水対策(選択的認定項目)
キッチン・浴室・洗面台に節水型水栓
画像

キッチンと洗面台には節湯C1対応の省エネ水栓、ユニットバスのシャワー手元には止水スイッチを設置。エネルギーと水の消費を小まめに抑制し、日常生活の中で、貴重な資源を節約できます。

建物の低炭素化(選択的認定項目)
高耐久マンション

長持ちさせる対策を構造部分に施し、住宅性能評価制度の劣化対策等級3(最高ランク)に適合。長寿命化することで、改修工事や解体時にかかる環境負荷の低減にも寄与します。

エアコンを標準装備
画像

快適な居住空間を演出する、冷暖房・除湿機能付のエアコンをリビング・ダイニングに標準装備しました。

省エネ設計のウォシュレット一体型便器

画像
除菌水がノズルを自動洗浄する「ノズルきれい」や、座ると自動で便器に水をふきつける「プレミスト」と表面がナノレベルでなめらかな「セフィオンテクト」便器の相乗効果により、汚れが付きにくく、落ちやすい最新型。フチなし便器、トルネード洗浄でお掃除もラクラク。大洗浄4.8L、小洗浄3.6Lに加えeco小3.4Lも搭載して節水力も高めました。ゆとりある空間に手洗いカウンター、手摺も標準装備しています。

画像

消費税率引き上げ後も、さまざまな軽減措置が受けられます。

すまい給付金が最大50万円に対象者も拡充

給付金が現行の30万円から最大50万円までにアップするとともに、給付対象者も拡充。主な要件として、床面積50㎡以上などがあります。

贈与税非課税枠は最大3,000万円に拡大

現行最大1,200万円の非課税枠が3,000万円まで拡充。主な要件として、贈与を受けた年の翌年の3月15日までに当住宅に居住することや、床面積50㎡以上240㎡以下などがあります。

住宅ローン減税の控除期間が3年延長

現行の住宅ローン減税について、控除期間を3年間延長(10年→13年) 適用年の11〜13年目までの各年の控除限度額は、 以下のいずれか小さい額

  • 住宅借入金等の年末残高(5,000万円を限度)×1%
  • 建物購入価格(5,000万円を限度)×2/3%(2%÷3年)

※上記のような軽減措置が予定されています。ただし、住宅の床面積数や購入目的、住宅ローン利用内容などに満たす要件がそれぞれあります。